Home
会社概要
取り扱い商品
イベント(RAYLABO)

資料ライブラリー

サプライヤー・パートナー

シリコンテクノロジー

徳寿工業

サイト関連
個人情報保護方針
LINK
展示会・イベント

東京ビッグサイト

幕張メッセ

福岡マリンメッセ

薬草
薬草園、全国
薬草風呂、全国
薬草風呂があるホテル
ハーブガーデン・旅行記
ハーブ園・関連ホテル

since 2018/04

アクセスカウンター 

 

 

 

レイラボ株式会社

フルプラSゴールド ソーラー発電シート バッテリー延命装置 電気自動車

 

ソーラー発電リュック,LS10

・2枚の軽量ソーラーパネル

・最大10.6wの発電能力

・5V、最大1.7A

 

2枚目のソーラーパネルは、ふだんは格納していて、充電するときにスライドして引き出せます。

 

内部の2つのUSBポート

外側に1つのUSBポート

写真は、スマホの充電ケーブルを接続した例です。

このポートを使用するときは、内部のUSBボートの1つと付属ケーブルで接続する必要があります。

付属の黒いUSBケーブルを使って、外部のUSBポートに接続した例。

こうすることで外部USBポートを使用することができます。

外部USBポートを使用しないときは、予期しない感電などを防ぐため、この黒いUSBケーブルは外しておきましょう。

収納部分、その1

ポケットの内寸

扉側ポケット
11.5 x 14 cm
7.5 x 14 cm
本体側ポケット
メッシュ・ファスナー付き 9 x 11 cm
ポケット大 24cm x 30cm

 

 

収納部分、その2

 

 

 

 

スマホを固定する吸盤

背中側にもポケットがあります。

 

サイドには、内側からのケーブル穴が1つあります。イヤホンなどを通す場合などに使えます。

 

 

安心のMiaSole社とHanery社のコラボで生まれたリュックです

 

世界最高クラスの品質と開発能力を誇るMiaSole社のパネルを使用し生産は中国最大手のエネルギー企業のHanergy社です。

フレキシブルソーラーパネルは、世界の約100社以上、150MW以上の出荷実績を持ちます。(2018年6月現在)

仕様 SPEC

名称 太陽光充電リュック
型番 LS10
セル仕様 CIGS(米国MIASOLE社製)
公称出力 10.6W
最大出力電圧 5V
最大出力電流 1.7A
重量 1.4kg
サイズ 440x300x180mm

サイズ

ソーラーパネル引き出し時

710x300x180mm
素材 ポリエステル
出力ポート USB x 2
動作可能温度範囲 マイナス20℃から50℃
動作可能湿度範囲 10から80%

ご購入について

発注単位 10個  
納期 1ヶ月〜2ヶ月 米国からの直輸入
価格

為替レートにより変動しますので

以下にお問い合わせください。

目安2万5000円前後/個
お問い合わせ先 shop@raylabo.jp  

取り扱い上の注意

・発電量は、太陽光とパネルの角度、天気の状況、気温などにより変動します。

・より多くの発電量を得るには屋外での使用を、おすすめします。

・発電パネルにできるだけ陰を落とさないようにしてご使用ください。

・室内、車内、曇天など十分に発電できない場合があります。

・雨、雪、夜間など、十分な光のない場所では発電しません。

・本製品から充電する機器は、直接日光に当てないでください。

・腐食性がある液体、物質などで本製品を拭かないでください。

・本製品を水に浸けないでください。水がかかった場合は直ちに水を拭き取ってください。

・ソーラーパネルの部分は、ある程度は曲がりますが、過度に曲げないでください。過度に曲げると破損します。

・・ソーラーパネルの部分は、折り曲げないでください。折り曲げると破損します。

・本製品の内部のUSBポートと外部USBポートの接続は付属の標準装備のものをご使用ください。

・本製品を分解しないでください。

収納例

 

MacBook Air12インチ

 

サイドのポケットは小物、日焼け止めなどの収納に。

ジッパー付きなので安心。

 

背中側のポットが意外と便利、予備のバッテリ、ケーブルなどの収納などに。

 

発電実験例

曇りのち晴れ、1時間で26%充電、iPhone6、2018/7/30

東京、気温34℃、曇りのち晴れ

直射日光が当たらない状態からスタート

その後、直射日光があたりはじめた。

1時間で26%充電しました。

48%↓↓↓76%

曇り、ビルの西側の日陰、午前中、30分で5%充電、iPhone6、2018/4/12

2018年4月12日、東京、天気、曇り

西側の日陰で実験しました。

日陰でも5V、0.6アンペアぐらい発電しました。

iPhoneの場合、0.2アンペア以上で充電が開始されました。

iPhoneでは、30分で5%ほど充電できました。

曇りの日陰の場所でも充電することがわかりました。

 

RAYLABO (C) 2017 All Right Reserved

レイラボ株式会社